ヒットの打ち方・種類

ヒットを打つにはいろいろなバッティングの技術が必要です。球を見る目も大事です。

ゴロを打つ。

ゴロを打つときは、ボールの上側を打つようにします。バットを下にたたきつけるようなイメージでボールの上側をたたくと、ゴロになります。下側をたたくとフライになってしまう。

ヒットの打ち方講座

ヒットを打つにはボールの当てる場所を考えながらバットをふらなければいけません。

フライを打つには、バットを軽く握り、バットを下から上に振るようにします。脇をしめ、バットの上部であてるようにします。

速球の球を打つには、バットを短く持ち、バットは後ろに寝かせづに45度くらいに調整します。

そうすることでコンパクトなスイングができ、速球にも対応できるようになります。

逆に遅い球を打ちたいときは、ボールをひきつけ、逆方向に打つイメージでバットを振るといい感じで捉えることができます。

バッティングの基本講座

バッティングではやはり遠くにとばしたいですよね。

打球を遠くに飛ばすバッティングフォームを紹介します。

ボールを遠くに飛ばすには、バットを前に押し込み大きく振りぬきます。遠心力を最大限利用し、手首をうまくつかうことで打球は遠くに飛びます。

他にも、引っ張り打ちや、流し打ち、などの打ち方があります。バッティングフォームをしっかり学んだ後にコツをつかんでください。