素振りの効果的な練習メニュー内容

素振り練習は、意識をしかっかりもつことが大切。

障害物を用意してブルからないように素振りすることも

コントロールすることができるようになる素振り練習の一つ。

素振りの練習では自分のおへその前でボールをうつことをイメージして素振りをします。そうすることでよりイメージがわいてきます。

実践をイメージして素振りをやる

素振りはよりイメージして集中したほうが効率よく上達します。

コースを意識し、ボールのうつ場所もイメージすることで

よりじっせんに近づきます。

他には、素振りの練習ほうほうとしては、片方の腕だけで打つ練習も効果的です。片方でうつことにより、下半身の使い方がうまくなります。

腰の使い方を習得する練習にもなるので、片腕で素振りをするのも大切なことなのです。

素振りのイメージ方法

素振りバッティングフォームをつくるうえで欠かせない練習です。

プロになってからもこの練習はかかせません。

バッティングを上達しようとおもったら、いかに集中して素振りの練習をするかにかかっているのです。

自宅にいるとき、どこでも素振りはできますので、

基本をしっかり体に叩き込ませましょう。