バッティングフォームの指導方法

監督、指導者から見ると、バッティングフォームの基本を知っているから、一般的に良いとされている構えに指導されます。

テイクバックを小さく、大きくとかバットの高さ、向き、スイングのコンパクトさとかひとによりさまざまですが、バッティングフォームは個性も大切です。振りやすいバッティングフォームを自分なりに研究し、プロ選手を見てオリジナルを見つけ出すのも大切なのです。

監督、指導者からバッティングフォームを変更しろといわれても、

個性を重視しより自分にマッチしたバッティングフォームを貫くのもひつとの方法といえます。

バッティングフォームの改善方法

バッティングフォームの改善方法は教科書的な知識よりも野球を熟練したプロの目で見てもらうのがよいです。

自分のオリジナルな良い点とダメな点をしっかりと見極めて

腕の上がり具合、足の使い方、腰の使い方、バットの向きなど総合的に判断し、より自分のオリジナルバッティングフォームを完成させるべく、少しずつ変更するのがよいでしょう。

バッティングフォームの練習方法

バッティングフォームの基本を身に着ける、正しいバッティングフォームを体に覚えさせる方法として、ゴルフのスイングが効果があります。テイクバック変更にはゴルフのスイングで練習したら改善されたというケースはよくあります。

後ろでいったんとめて、スルーを大きく、という感覚を感じることができれば、バッティングフォームの変更、改善が比較的楽にスムーズにできるでしょう。