バットの正しい握り方

バッティングフォームを練習する前に、バットの正しい握り方、構え方、コツを紹介します。

バットは、手のひらすべての指でしっかり握ります。

小指を離したりといった個性的な握り方は、基本をスターした次の段階で行うようにします。

バットを握ったら、軽く絞ります。脇は占める。

バットの構え方

バットの構え方では、背筋を伸ばし、体重を親指に重心をかけます。

重心を後ろにひいてしまうと、コンパクトなスイングができないため、タイミングがずれたときの対処ができません。

構えたときは、リラックスして、上半身を安定させ、

体重を前に傾け、しっかりと背筋を伸ばす。

コンパクトなスイングをマスターすれば、スピードの速い球でも打てるようになります。

バッティング練習メニュー

バッティング練習の際、素振りをしますtが、ボールのストライクゾーン、などをしっかりと意識することが上達の近道です。

バッティングセンターではボール球には手をださないようにして、ストライクゾーンの球だけをしっかりと打つように癖をつけることで、実践でもストライクの球をうてるようになります。