プードルのしつけ方講座【噛み癖・無駄吠え・トイレ】



あなたの愛犬が見違えるほどいい子になるしつけ方法はこちらをクリック


【プードルのしつけ方のポイント】

プードルのしつけ方のポイントは、とにかくほめることです。

プードルのしつけのポイントは怒るよりもほめるほうが効果があります。

できれば、少し大げさにほめてあげるぐらいがいいです。

飼い主は、プードルにとってのリーダ、ボスなのです。

そのリーダー、ボスからほめられることがプードルにとってはとっても

うれしいことなのです。

プードルにとっては、できないときに怒られるよりも、ちょっとしたことでもできたときにほめられたほうが何倍も覚えることができるのです。

しかし、プードルのしつけは甘やかすだけではダメで、時には叱ることも重要。

怒るときのタイミングが重要で、プードルが悪いことをしたときに怒る、いけないよと伝えると、プードルに伝わります。

また、ほえたり噛み付いたりしたときは、無視することもしつけの重要なポイントです。

プードルにとっては、無視させれることはつらいことなので、むやみに怒ったり、たたいたりするよりも無視するほうが何倍も効果があります。

【プードルのトイレのしつけ方】

プードルのしつけで一番困るのがやはし、トイレのしつけです。

住宅、部屋の中で、プードルを飼っているのならとにかくトイレのしつけが

できていたほうがいいですよね。

プードルはトイレのする場所を覚えることはできます。

元々、プードルの習慣では、トイレをする場所と、寝る場所は別々なので、

そのプードル本来の習性をうまく利用することにより、トイレのしつけをすることができます。

プードルは寝起きや遊んだ後にトイレに行きやすいので、そのタイミングにプードルにトイレ、トイレと声をかけながら、おしっこをしてほしい場所に誘導していきます。

そして、おしっこの場所でプードルがおしっこをしたら、ほめてあげます。

トイレの位置は、一度固定したら、動かさないようにしなければいけません。もし、他の場所でおしっこをしてもたたいたりしてはいけません。

たたいたり、怒ったりすると、プードルはおしっこはいけないこと!と勘違いしてしまい、病気になってしまいます。

プードルのトイレの方法はとにかくほめることが大切。

もし他の場所でおしっこをしてもおこることは逆効果になります。

おしっこをしてほしいところにプードルに声をかけながら誘導し、おしっこをしたら、思いっきり愛情をこめて、ほめてあげる。

これの繰り返しが、トイレのしつけのポイントです。

【プードルのしつけ、無駄吠え】

プードルのしつけで一番教えてほしいのは、やはしプードルの無駄吠えの訓練方法でしょう。

無駄吠えは適切な方法で教育すれば、無駄吠えはしなくなります。

無駄吠えは子プードルの時にしつけるといいのですが、大きくなってからでも、

プードルのしつけはできます。

マンション、アパートでプードルを飼う人が増えました。それに比例して、プードルの無駄吠えの苦情が増えています。

大型プードルの無駄吠えはやはりしつけが必要です。

まず、プードルがほえる意味を理解しなければいけません。

プードルがほえるのには、恐怖心や警戒心、遊んでほしいとき、えさをねだっているとき、などプードルのほえる状況をしっかり理解し、どうしてほえているかを察してあげることが飼い主さんの役目です。

遊んでほしいとき、甘えたいときのほえ方、恐怖心、警戒心のほえ方を理解しないと、プードルは戸惑ってしまいます。

ほえたときの状況により、プードルがほえたらダメ、コラと注意し、無駄吠えをやめたら、しっかりほめてあげることが重要。

怒りっぱなしは絶対にいけません。

無駄吠えをやめたら、ほめる。ほえたら、注意して静かにしたらほめる。

これの繰り返しにより、プードルは無駄吠えをやめたらほめてくれると思うようになります。

愛情をもってプードルにせっしてあげることが、プードルにとってもとてもいいことです。ほえる意味を理解し、無駄吠えをしたら注意してほめる。

これがプードルの無駄吠えをしつけるポイントです。

【プードルの散歩のしつけ方】

プードルの散歩は飼い主にとってもプードルにとっても大切なコミュニケーションになるし、散歩はストレス解消になるので、散歩の際のプードルのマナー、しつけは飼い主にとても、プードルにとても重要です。

プードルの散歩のしつけは繰り返すことでプードルは覚えて生きます。

紐を適度な長さで調整し、散歩中に無駄吠え、ほえたりしたら紐をひき、ショックを与えます。

プードルがいけないことと理解したら、ほめてあげます。

ほえると人に迷惑をかけてしまうため散歩のしつけは子供のうちに教育しておくほうが良いです。

散歩でおしっこはいいのですが、うんちをしたらかならずもって帰るようにしましょう。

これはマナーです。

外国ではうんちをそのままにしたら禁固刑という国もあるぐらいです。

うんちをしたらもってかえることは必ずしましょう。

散歩中にプードルがなにか食べようとしたら、ダメ、と注意します。

拾いぐいしてはいけないとプードルにおぼえさせることがプードルにとてもいいことなのです。

道端にはいろんな食べてはいけない危険なものもたくさん落ちています。

そのため、普段からプードルが何か落ちているものを食べようとしたら、だめ、と注意するようにしておきましょう。その際においをかいでいる段階では

怒ってはいけません。口に含んで食べようとしたら注意するのがポイントです。

散歩中にプードルが吠えたら、紐を引いて注意してほめる。

噛み付こうとしたら注意してほめる。

拾い食いをしようとしたら注意してほめる。

これが、散歩のしつけのポイントです。

【プードルの噛み癖のしつけ方】

プードルの噛み癖はほかっておくとエスカレートして、どんどん強いちからで噛み付いてしまうことがあるため、プードルの噛み癖は早い段階、こどもの内に、しつけなくてはいけません。

噛み癖は子プードルのころはいいのですが、おとなになって、噛む力がつよくなってからでは、しかっかりと注意しなければいけません。

プードルの噛み癖は遊んでいるとき、じゃれたいとき、怒っているとき、いろいろあります。

状況におうじて、飼い主も判断し、適切なしつけをしなければいけません。

プードルが噛み付いたら、たたいたり、じゃれたりすると逆効果になります。

プードルにとってはあそんでもらっていると勘違いする危険もあり、噛み癖が一向に治らない原因ということもよくあります。

プードルの噛み癖を治す一番いい方法は、プードルが噛み付いてきたときに

すごく痛そうな演技をすることで、プードルは噛み付いたらいけないのだと理解します。噛み付いたときにいたそうに演技をする。

これがプードルの噛み癖をしつけるとても効果的な方法です。

プードルと遊んでいるときに軽く噛み付くのはプードルとのコミュニケーションでとてもいいことです。

しかし、遊びがおわってからも噛み付くのはしつける必要があります。

遊び終わっても、プードルがしつこくかみついてくるのなら、ダメ、とか無視する。これもプードルの噛み癖を治すいい方法です。

プードルが理解したら、ほめる。これを忘れてはいけません。



あなたの愛犬が見違えるほどいい子になるしつけ方法はこちらをクリック